103万円は壁か?

配偶者控除廃止議論の関係で103万円が注目されています。
メディア等でも103万円が連呼されますし、各種相談会でも103万円という単語をよく聞きます。
103万円を1円でも超えるとかなりの損をするのでは?と思われているようですが、実は103万円は全く重要ではありません。
(理由1)103万円超でも以下でも住民税がかかります。(96万円前後に抑えると住民税はかかりません)
(理由2)103万円を超えても配偶者特別控除があるため、配偶者控除同様の所得控除を受けられます。
(理由3)いずれにせよ、夫婦の手取り額は必ず増えます。

本当の壁は130万円です。(ここでは夫が妻を扶養すると仮定します)
妻の給与が130万円(一定の大企業では106万円)以上になると、夫の社会保険の扶養から外れます。
社会保険料を負担すると、約15%手取り額が減少します。(将来もらえる年金はその分増えるはずですが…)
ただ、これも夫の会社が社会保険適用事業所であることが前提です。
夫が自営業で厚生年金に加入していなければ、130万円の壁も存在しません。
本当は壁などないのに周りの情報に踊らされている方はいらっしゃいませんでしょうか?
ご自身(ご夫婦)の状況を一度正確に把握し、間違った行動を取らないようにしましょう。

配偶者控除廃止の議論よりも優先すべきこと

配偶者控除を廃止する議論が行われているようですが、私は廃止賛成派です。
年末調整や確定申告において、配偶者の所得を把握する必要があるのが面倒だからです。
また、個人事業主から青色専従者給与を受けている方は配偶者控除を受けられませんので、そのあたりの差別も解消されます。
ただ、単純に配偶者控除を廃止するだけですと増税になりますので、反対する人が多いのは当然です。
そこで、配偶者控除を廃止する代わりに、年少扶養控除を復活すれば一気に問題解決です。
子ども1人の世帯はこれまで通りです。
子ども2人以上の世帯は今よりも減税になりますので、子育て支援として最適です。

この年少扶養控除ですが、以前は子どもがいる親は児童手当をもらいつつ、扶養控除の適用もありました。
ところが、民主党政権時代、子ども手当の創設と引き換えに、16歳未満の子どもは扶養控除の対象外となりました。
子ども手当で援助するのだから、扶養控除はなくてもよいという流れは理解できます。
しかしその後、肝心の子ども手当は廃止となりました。
ではその流れでいくと年少扶養控除を復活させるべきなのですが、これが対象外のままなのです。
こんなわかりやすい子育て世帯狙い撃ち増税を放置している理由がわかりません。
待機児童問題がどうこうとよくテレビ等でやっていますが、こっちの方が問題だと思うのですが…
配偶者控除廃止の議論よりも、年少扶養控除の議論をしていただきたいものです。

ふるさと納税の思わぬ注意点

茨城県鉾田市にふるさと納税1万円をするとメロン2個を頂ける(他にもいろいろ選べます)のですが、1週間前にすでにしていることを忘れ、立て続けに2回してしまいました。
すぐに取り消しの連絡をすれば何とかなったのかもしれませんが、返金手続き等で迷惑をかけてはいけないと思い、そのままメロンの到着を待っていました。
せめて日にちをあけて2回に分けて送ってくれるとありがたいなと思っていたのですが、案の定まとめて4つ送られてきました…
実家に1つ持っていきましたが、残り3個は自ら食べることになりました。
幸い、メロンはすぐに食べずに追熟させる必要がありますので、早めに1個、丁度頃に1個、やや熟しすぎ頃に1個のスケジュールで頂くことにします。
皆様も、自分がいつどこにふるさと納税をしたかをきちんとメモして、2重にしてしまわないようご注意ください。

白浜へ行ってきました

p_20160904_115104遅めの夏休みということで、先週末に白浜で1泊してきました。
台風の影響で雨の予想でしたが、奥さんの晴れ女パワーにより、よい天気で海水浴ができました。
1歳半の娘を連れてですので砂浜で遊んだり少し海に入ったりという程度でしたが、夜は温泉につかってリフレッシュできました。

海水浴場では気にならなかったのですが、写真の三段壁などの観光地を訪れると、アジア方面の方々が多くてびっくりしました。
逆に自分が海外へ行ったのかと思うほど他国の言語が飛び交っていました。
白浜もグローバルな観光地になってしまったのでしょうかね…

富田林市役所の税務相談センターを担当します

告知するのを忘れていたのですが、本日13時から富田林市役所にて開催される税務相談センターを私が担当します。
一人30分の予約制ですが、まだ空きがありますので当日の飛び込みOKです。
15時頃までに来ていただけると相談可能です。
無料ですのでお気軽にどうぞ。