あっという間に2月になってしまいました

1月にまともな投稿を一つもしませんでした…申し訳ございません。
なぜか私の顧問先が11月~1月決算の法人が集中しており、個人の確定申告と同時平行でこなさなければなりません。
時間がなくて四苦八苦しており、ブログの更新がままなりません。
1月決算法人の処理がすべて終わり、一息ついた隙に今回の記事を書いております。
2月後半からは確定申告及び各種相談会が待機していますので、2月前半でできるだけ12月決算法人の処理を進めなければなりません。
おそらく2月のまともな投稿はこれが最初で最後になるかもしれません。
何とか確定申告相談会情報くらいは書き込みしたいと思ってます。

3月15日まで確定申告、3月後半は1月決算法人の処理ということで、3月も結構つらいです。
その反動で、4月以降急激に暇になります。
現在、個人事業の顧問先で法人成りの準備を進めている方がおりまして、順調にいけば2月設立の1月決算法人になるのですが、私の個人的事情(これ以上1月決算法人が増えると大変!)で、3月設立の2月決算法人にしてもらえるようお願いしました。
通常は3月決算法人が最も多くて5月末まで大変だという税理士が多いのですが、私は現在2件しかありませんので暇です。
6月以降はもっと暇なので、この季節労働者的環境をどうにかしたいところです。

新年あけましておめでとうございます

業務は昨日から稼動しておりますが、昨日はたいして仕事が進まないまま終わってしまいました。
やらなければならない事務作業はたくさんあるのですが、頭も体も動きませんね…これは皆さん同じでしょうか?
8日(金)に大阪狭山市商工会にて相談会がありますので、実質的にはそこが仕事始めになりそうな予感です。

今年の3月で独立開業から5年目に突入しますので、そろそろ新人税理士の看板を降ろして新たなステップを登る必要がありそうです。
特に何をするとか考えているわけではありませんが、昨年までとは違う一年にしたいと思います。

皆様よい年をお迎え下さい

資料が揃っている顧問先の年末調整計算を年内に完了できた記念にガンプラを組みました。
P_20151231_231441

ふるさと納税は控除限度額の計算が最重要

ふるさと納税をする際に最も重要なのが、自身の控除限度額がいくらなのかを知ることです。
限度額を超えて寄付をすると純粋に寄付をしたことになりますので、手持ち現金が減ってしまいます。
この限度額計算をいかに正確に行うかですが、確定申告書を作成するときまで本当に正確な限度額は計算できません。
ですので、今年の課税所得がいくらになりそうなのかを試算するしかありません。
サラリーマンや年金所得者はそれほど難しくありませんが、個人事業主は途中時点まで会計処理を行って所得金額を出し、さらに年末までの所得の増減を予想しなければなりません。
さらに株式の配当・譲渡損益やFX等の分離課税項目があればそれも影響しますので、いろいろな所得がある方にとってはかなり困難な試算をすることになります。

特定口座源泉徴収ありの口座で利益が出ている場合は、源泉徴収により課税も終わっているため申告不要なのですが、あえて申告書に組み込み税額控除前の住民税所得割を増やせばふるさと納税の控除限度額をアップさせることができます。
ただし控除前所得が大きくなることにより国民健康保険料や保育園の料金がアップすれば本末転倒ですので、ご自身や家族の生活状況まで考慮して総合的に判断する必要があります。

駆け込みふるさと納税のすすめ

ふるさと納税で平成27年分の控除を受けるためには、今月中に寄付金を支払う必要があります。
年が明けてから寄付をすると平成28年分の控除対象になってしまいます。
クレジットカード決済であれば年末ぎりぎりまで大丈夫ですが、振込等の場合は期限を切って対応する自治体が多いようなので注意が必要です。
私も11月までの自身の会計処理をして所得金額がどれくらいになるか計算し、ふるさと納税による控除限度額の試算をしました。
秋頃までに米、すいか、牛肉、日本酒をもらえる複数の自治体に寄付しましたが、どうやらまだ枠が残っている計算結果になりましたので、追加でふぐ、焼酎、うなぎなどをもらおうと思います。
所得の大きい方ほどふるさと納税の控除限度額が大きいですので、ふるさと納税はある意味金持ち優遇政策だと思うのですが、所得が少ない方であっても所得税・住民税を一定以上納税している方は利用しない手はないと思います。
居住地の自治体は納税額が減りますので申し訳ない気持ちもありますが、地方が潤うことも大事ですのでこれはこれでよい仕組みだと思います。