ノートパソコンを修理しました

2015-04-27 12.43.27
ノートパソコンのファンの音が最近おかしいと思っていたのですが、電源を入れてしばらくすると動作が遅くなって電源が落ちる現象が発生しました。
どうもファンが動いていないようで、熱を処理できずに電源が落ちてしまうようです。
ネットでいろいろ調べたところ、ファンが故障しているか、ホコリがたまってファンの回転を妨げているかのどちらかと判明。ホコリのせいであればパーツを掃除すれば済みます。
修理に出すと2万円前後かかるようなので、いちかばちか自分で解体してみることにしました。

デルのホームページでメンテナンスマニュアルを入手し、その通りにネジを外していくと意外とあっさりマザーボードにたどり着きました。
ファンを取り出してみると中でホコリがたまりすぎてスポンジ状になっており、これがファンの羽の回転を妨げていたようです。
きれいに掃除して元通りに組み立てて電源を入れると、通常通り起動してファンが回りだし、暖かい風が吹き出しました。
どうやら修理完了のようです。
買い換えることもなく修理ににも出さず、これぞエコ&節約です。

長らく放置してしまいました

確定申告終了後すぐに3月申告法人の決算処理を開始し、4月に入って遅れている通常の月次処理を進めたところでようやく一息つきました。
今は仕事が原因ではなく、生後50日を過ぎた愛娘の育児手伝いで寝不足が続いております。
無表情だったのが、たまに笑みを浮かべたり、アーウーと声を出すようになってきました。
男性の育児休暇取得について以前テレビでやってましたが、いざ自分がその立場になると休暇は必要だと思います。
私のような個人事業主にはそもそも育児休暇はありませんけどね。

特にこれといって書くこともないのですが、最近気になった宝くじのCMについてです。
6億円を30年で使えば年収2000万円の暮らしができるとか言ってますが、ちょっと違います。
実際は年収2000万円ではなく、約4000万円相当(もっと正確に言うと所得4000万円)です。
なぜなら、通常は収入に対し所得税・住民税が課税されますので、収入全額を自由に使えません。
高額所得者はおよそ半分が税額になりますので、2000万円を自由に使いたいなら約4000万円の所得が必要です。
ところが、宝くじは非課税ですので、6億円が当たればそのまま手取りになります。
そう考えると、宝くじで6億円当たればいかにすごいことかわかります。
まぁ当たる訳ないので私は買いませんが…

今年の申告相談会もいろいろあります

とある会場での申告相談会のやり取りを書きます。
納税者の方の過去の申告および本年の内容を見ると、所得税・消費税ともに個人の申告としてはかなりの税額が発生しています。
普通は税理士関与を受けて当然の規模ですが、税理士に依頼はしていないようです。
話を聞くと、帳簿作成をきちんとしておらず、3年ごとに税務調査が入って追徴課税を受けているそうです。
税理士に依頼して帳簿作成を正確に行って青色65万円控除により節税を図りつつ、税務調査対策をした方が絶対よいですよとアドバイスしたのですが…
その方の回答は、「税務調査で言われた金額を払ったらそれでいいので」でした。
はぁ…そんな考え方をしているから3年ごとに税務調査が来るのですよ…
調査官からすれば、「行けばかならず追徴課税をとれるおいしいお客さん」です。

節税ができ、いろいろ相談もでき、税務調査による追徴課税がなくなることに比べたら、税理士費用なんて安いものです。
目先の税理士費用をケチっても何もいいことがないと思うのですが…
まぁ、税務調査を恐れることなくあっさり追徴課税を受け入れる心の広さに感服しました。
考え方は人それぞれですが、世の中にはいろんな人がいるんだなぁと感じました。

私事ですが…

本日13時08分に第1子が誕生し、晴れて父親になりました。
奥さん似の元気でかわいらしい女の子です。
税理士が1年で最も忙しい時期に生まれてくるのもまた運命です。
なんとか仕事の予定を入れないようにして奥さんの付き添いをしました。
帝王切開でしたので立ち合いはできませんでしたが、生まれてすぐの我が子を見れてよかったです。
果たしてどのように育っていくのか…親として責任重大ではありますが、すごく楽しみです。
娘のためにもがんばっていかねば!
生きる楽しみを与えてくれてありがとう。

キラキラネームに悪戦苦闘

顧問先の確定申告書を作成するときに思わぬところで時間をとられてしまうのが、扶養親族の名前入力です。
最近のお子様の名前は読めないものが多いですが、最もやっかいなのがパソコンで漢字変換できない文字を使用している場合です。
見たことがない漢字でも読み方をいろいろ想像して変換を試みるのですが、どうやっても漢字変換できない文字に出くわすと、「あぁ、無駄に時間をとられた…」と思わずため息をついてしまいます。

最終手段としてIMEパッドを呼び出して手書きすると漢字入力できるのですが、この作業をさせてしまうような漢字を名前に使うのはいかがなものかと憤慨してしまうのです!
この子は今後多くの人に迷惑をかけてしまうのだろうな…と思うとやりきれません。
これからお子様に名付けをする方にお願いです。
読みは当て字でも何でも結構ですので、漢字はパソコンで変換候補に挙がるものを使ってください。
この情報化時代にパソコンで容易に名前を入力できないのは致命的です。
お子様の将来のためにもよろしくお願いしたいところです。